PASECは、低価格で導入可能な
「使いやすくシンプルな画像管理システム」です

ロゴ:PASEC

PASEC-パセック-は当社とコンタクトレンズメーカー様との繋がりから開発された製品です。
当社は長年システム構築(開発)におきまして、コンタクレンズメーカー様とお付き合いをさせて頂いております。その中で、眼科では、「撮影した目の写真が増えるにつれて、紙カルテが厚みを増してしまい、管理スペースが無い!」との問題を抱えているとのお話を頂きました。
その問題解決に当社が取り組み、そこから誕生したものが「使いやすくシンプルな画像管理システム」PASEC-パセック-なのです。

機能紹介

撮影画像電子化

OCTスキャナ・眼底カメラなどで撮影した画像をPCへ取り込み、電子化することができます。

撮影画像一元管理

検査機器のメーカーや機種に依存することなく、様々なメーカーの機器から出力された画像を一元管理できます。

撮影画像検索

過去に撮影・蓄積された画像を、カルテ番号などから簡単に検索し表示することができます。

PASEC 3つの特徴

特徴1. 作業を効率化

診察画像をデータ化して一元管理。操作は簡単です。作業の効率をアップし、コスト削減にもつながります。 画像拡大により患部の確認も容易になり、きめ細かな診療が可能になります。

特徴2. 低コストで導入可能

医療機器メーカーのシステムは非常に高額です。PASECは、無駄を省いて機能を特化しました。

特徴3. 省スペース・省資源

印刷・保管の手間をカットし、カルテをすっきりと。紙資源とスペースの節約にもなります。
インク代・用紙代などのコストも削減できます。

動作要件

PC

CPU Intel(R) Pentium(R)4 以上を推奨
メモリ 1GB以上(2GB以上を推奨)
ディスク空き容量 500MB以上
対応OS Windows XP、Windows Vista、Windows 7
モニタ解像度 1024×768 以上

測定機器

以下の、1または2のどちらかの条件を満たしている必要があります。

  1. 画像をファイルとして取り出せる機器。
  2. 測定結果を紙で出力可能な機器。(別途スキャナが必要です。)

一部ご利用できない機器がございますので、詳しくはご相談下さい。